好きな相手に「You’re a good friend」と言われても恋愛対象としてドンデン返しできるか?のベストアンサー




こんにちは。ルマンド(@lumonde_russian)です。
先日このような質問を頂きました。

個人的に興味深い質問内容だったので回答した内容を少しだけ掘り下げて記事にしてみました。

要するにタイトル通り、狙っていたあの子から突然「あなたはいい友達よ」と宣告されたけど、そこから恋愛対象とにドンデン返しできるかというお話です。

結論からを言うと、できます。

 

ただし、友達期間が長くなればなるほど恋愛関係に発展させるのは難しくなるので、早いうちに接し方を変えれば挽回の可能性はあるかなというのが私のベストアンサーです。

私も今までこのようなケースに何度か遭遇したことがあるので気持ちはわかります。

こっちはそういうつもりで接して来たのに実は相手からは友達としてしか見られていなかったという絶望感。

これのタチが悪いところは、結構な期間連絡を取り合っていたのにサラッと自然に友達宣告されるというまるで余命を言い渡されたかのような喪失感を味わうことです。(笑)

まぁ、でもこれに関しては原因はすべて自分にあるものと私は考えています。

ここで考えるべきことは、まずなぜ相手から友達と思われているのか原因を考えてみるのが良いです。

考えられる理由はざっとこんなもんでしょう。

・友達としての接し方をしてきた。
・既に彼氏や好きな人がいる。
・そもそもあなたの顔がタイプじゃない。
・ギラついてきたので「勘違いするな。おまえはただの友達なんだぞ」と釘を刺した。

最後はちょっぴり残酷で稀ですが(そんなこと言われる前に無視されるのがほとんどなので)私の経験上、
ほとんどは「友達としての接し方をしてきた」といったケースだと考えています。

というよりも「恋人のような接し方をしてこなかった」という方が適切かもしれません。

・相手に好意が伝わっている(であろう)けど「You’re a good friend」と言われた。
・相手に好意は伝わっていないので「You’re a good friend」と言われた。

というのではまったく訳が違います。

前者なら諦めて次に行った方が早い。
但し、自分自身で相手に好意を十分伝えたという自負がある場合です。

後者の場合は、そもそも好意が伝わってすらいないケースです。
今まで友達のような接し方をしてきたので相手は当然「いい人・いい友達」と思うわけです。
それなのに、自分はこれだけ相手のことを思ってたのに!!と憤ったり悲観したりするのはそもそもが的外れなのです。

以前、私は別のnoteで「恋人のような習慣や接し方をすると良いよ」という事を書きました。

内容をざっくり抜粋すると、

・仕事や学校が終わったらといった節目で連絡するというルーティンを作る
・たまに相手の言語で書く・話す
・嫉妬ポイントを探す
・声が聞きたいと電話、テレビ電話を誘ってみる
・モーニングコール

など他にも様々な恋人的な習慣がありますので、気になったらinterPalsノートを御覧ください。宣伝っぽくなるのでリンク貼りません。笑

さて、連絡を取り合い始めた時からこういった事を意識してやり取りをしてきたか?という所がキーポイントです。(連絡取り始め=数週間~1ヶ月レベルの話です。)

「友達のような接し方」というのは、ただ優しくしたり、気遣い、褒めたりしてるだけの接し方は所詮はいい人、友達止まりで終了です。
もっと言えば、攻めずに当たり障りのない接し方をしたらこうなります。

あなたが相手に好意を寄せ、それに伴った行動をしたとして相手に少しでも伝わっていたとしたら相手もそれに応えようと何らかの意思表示を示してくれるはずなので。
友達 or 友達以上、またはあなたの事はまだよくわからない。などなど

実際に挽回するというパターンに落とし込んでいくなら、今の接し方を変えるかまた普段しない行動を取るかいつも見せない一面を見せるぐらいしかないです。

普段しない行動というのは、普段チャットしかしてないなら電話にしてみたり見せない一面はこういう趣味があったとかやり取りでは見せなかった新しい自分を見せることです。

それらをおこなったうえで、相手が依然と「You’re a good friend」なら本当にGood Friendでフィニッシュです。笑
関係を切る必要はありませんが、友達関係として最低限のリソースで次に行きましょう。

とにかく、相手に一度でも「友達」という意識を持たせてしまったらそこから挽回するのは労力もかかるし、順応を壊すのは難しいので最初から徐々に「恋人同士が取るような習慣や接し方」を意識すれば「You’re my love」と呼ばれる日が来るのではないでしょうか。

普段DMで頂いた質問・相談はこんな感じでご回答させて頂いてます。皆様のお役に立てたら幸いです。それでは。




管理人のプロフィール


ルマンド@管理人

1987年生まれ。
大阪で生まれた普通のサラリーマン。
妻は美しいロシア人。

ある日をさかいに外国人に目覚め、
気づけばロシア人と国際結婚。
『ルマンドと時々、ロシア妻』運営

テーマは、ロシア、国際結婚、ブログ、アフィリエイト、投資、為替、株、ビットコイン、不労所得、仕事、恋愛、雑記・・・
などちょっぴりロシア成分が多めのなんでもブログになっております。

詳しいプロフィールはこちら

面白かったらSNSでシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

底辺サラリーマンがロシア美人妻と出会い国際結婚。 あとは投資とブログで不労所得を目指し、札束の風呂に入るだけの人生を掛けた奮闘記。 プロニートに・・・俺はなる!!