外国人と出会いたいなら○○人の専門店になれ。





こんにちは。ルマンド(@lumonde_russian)です。



「カレー専門店のカレー」か「牛丼屋のカレー」か

外国人女性と出会いたい!とにかく美女だったらどの国でもいい!なんて漠然と考えている人は意外と多いのではないでしょうか。

突然ですが、もしあなたがカレーを食べたいと思った時2つの選択肢があったとします。

どちらを選びますか?

「カレー専門店のカレー」
「牛丼屋のカレー」

おそらくほとんどの人は前者を選ぶでしょう。

理由は「カレー専門店の方がこだわってそう・種類が多い・美味しいに違いない」といったプロイメージでしょうか。

女性が男性を選ぶときも同じで、あなたが「国、人種、言語、文化」などに関心を持ち、そしてそれらに一貫性を持たせることで相手から選ばれやすい存在になります。
自分と身近な存在であると「親近感」が沸いたり、「この人なら私のことをわかってくれそうだな」と潜在的に思っています。

また、あなたが外国人女性を探す時に以下のような3つのタイプの人に遭遇したことがあるかと思います。おそらくほとんどの人は前者を選ぶでしょう。

理由は「カレー専門店の方がこだわってそう・種類が多い・美味しいに違いない」といったプロイメージでしょうか。

女性が男性を選ぶときも同じで、あなたが「国、人種、言語、文化」などに関心を持ち、そしてそれらに一貫性を持たせることで相手から選ばれやすい存在になります。
自分と身近な存在であると「親近感」が沸いたり、「この人なら私のことをわかってくれそうだな」と潜在的に思っています。

また、あなたが外国人女性を探す時に以下のような3つのタイプの人に遭遇したことがあるかと思います。

1. K-POP最高。韓国大好き。
2. 外国人の友達・恋人が欲しい。
3. 日本好き。日本語勉強してます。

これらの女性に遭遇した時、ほとんどの人は3の女性を選ぶかと思います。
1と2に比べ3が一番話が早く、「親近感」があるからです。

一方で、2のように「外国人の友達・恋人が欲しい。」というのは言い換えれば「東欧でも中東でも南米でも何でもOK」ということです。
つまり、なんでも取り扱うセレクトショップのようなもので、結局誰に向けてアピールしているのかもわからないので、誰かがあなたのページを見ても誰にも刺さらず終了になるわけです。

自分視点に立った時に幅広い層を取ろうとせず、対象国の人だけに特化することの重要性がお分かりになるかと思います。

では「◯◯人の専門店」になるために実際にどう落とし込んだらいいのか解説します。

プロフィール欄における○○人専門店化

私の経験上、プロフィール作成において以下が重要な3ヶ条です。

1. 自分について簡潔に。
2. 誰に向けたプロフィールなのか
3. 興味を引く内容か

1つずつ解説していきます。

「1. 自分について簡潔に。」

時々、某恋愛コンサルが「プロフィールは長文で書け」と言い長文で書くことが差別化になると勘違いしている人がいますが、大前提としてSNSなどの写真+プロフィールで成り立つコミュニケーションサイトを利用する人のほとんどは、あなたのページに来訪した際にたった数秒程しかプロフィールを見ていません

事実、インスタグラムにおいてはプロフィールページにアクセスした75%の人が5秒以内に離脱するとも言われています。
つまり、あなたがどれだけ長文でいいことを書いていたとしても興味を持たれる内容でなければ見向きもされずに立ち去っていくということです。

また、長文で自分の情報を出し尽くすことによって相手から質問される頻度も少なくなるので簡潔に要点だけ書くと心掛けて下さい。

「2. 誰に向けたプロフィールなのか」」

上記を踏まえた時に、まず考えないといけないのが「誰に向けたプロフィールなのか」ということです。

つまりこの記事のテーマでもある「○○人の専門店」というのがここで重要になってきます。

例えばロシア人に向けたプロフィールを書くなら、英語とロシア語併記は必須です。ロシア語が話せなくてもいいので英語で書いた同じ内容をGoogle翻訳などで無理やり翻訳して下さい。
ロシア人から見たら私達も外国人です。
多少、間違っていたところでその間違いですら「可愛い」と言われてプラスに働くこともありますので気にせずどんどん他言語を使っていきましょう。

また、日本人によくありがちな考え方として「外国人だからとりあえず英語」といった固定概念に囚われている人がいますが、ロシア人はロシア語、フランス人はフランス語。です。

英語のみで構成されたプロフィールで「ロシア人の友達募集中〜!ロシア語今勉強中です!」と書いても説得力もなく誰に向けられてものなのか不明で刺さりません。
これでは英語圏の人にすら相手にされない内容になります。

プロフィールには必ずあなたが出会いたい国の言語を併記し「誰に向けたプロフィール」なのか意識して作成してください。
これはすべてのSNSやマッチングアプリに通ずることです。

「1. 興味を引く内容か」

ここが難しいと頭を悩ます人が多いと思います。
プロフィールの本質はあくまで「あなたと繋がるキッカケになるか」だけです。
とにかく最初のメッセージをもらうことやマッチングしないことには話になりません。
あなたの自己紹介を見た人が偶然「趣味が同じだった」「住んでる場所が近い」のようなミラクルが起こることはなく、そしてそれらは興味を引くために狙って書けるような事でもありません。

私の経験から言えるプロフィールに書くべき興味を引く内容は以下です。

「I plan on going to (国の名前) in winter this year.(私は今年の冬に○○に行く予定です)」

私がプロフィール欄にこれらを書いていた時は、結果的には実際にその国に行きましたが書いた段階ではあくまで予定でした。

対象の国に興味を持ち、仲良くなり、結果その国に行った。それだけです。
しかし、後に考えてみると興味を引くための手段として非常に有効だと気付かされました。
アジア好きの女性からすると「日本人」というだけで高いアドバンテージになりますが、それに加えてご紹介した3ヶ条を意識すれば出会いの質が非常に高くなります。

適切な媒体でポジショニングをとる

あなたが「◯◯人の専門店」になった後は、その国の多くの人が利用するであろう媒体に触れることが必要不可欠です。

例えばあなたが「ロシア人の専門店」になった場合、ロシア人口の多くが利用する国民的SNSのフコンタクテや、デートアプリならアジア人好きのロシア女性が多いMEEFF(ミーフ)などでアプローチをするべきでしょう。

また、世界各国のSNSの利用状況は全く異なります。
例えば、日本ではTwitterが高い人気を誇るSNSですがロシアではそれほど人気がありません。

2019年ロシア国内におけるSNS利用者数を表したデータです。

出典:statista

YouTubeを除く上位3位(WhatsApp・フコンタクテ・インスタグラム)は主な連絡手段として利用されています。
別アプリから知り合った人とやりとりを行うSNSとして認識しておくと良いでしょう。
また、ここ数年ロシアの若者の連絡手段はフコンタクテからインスタグラムになりつつあるそうです。
こうした変化への気づきもロシア人専門に特化したからこそであり、コミュニケーションを通してロシアに関する情報感度が高くなります。

また、ロシアに限らず世界各国には様々なローカルSNSがあります。
Facebook、インスタグラムといった王道SNSよりも日本人の参加者が圧倒的に少なく、言語面での参入障壁が高いためまだまだチャンスが眠っている状態です。

フランス

Skyrock(スカイロック)

2002年に登場したフランスのSNSです。
無論、利用人口の多くがフランス人のためフランス人の友達や恋人を作りたい人のために使ってみてもいいかと。英語にも対応しているため難易度はそこまで高くなく、日本人参加者が少なくブルーオーシャン的なポジションが取れそうです。フランスは親日も多いですので。

ドイツ

Wer-kennt-wen(ヴェア-ケント-ヴェン)

Werkenntwen(ヴェア ケント ヴェン)略してwkw。
こちらはドイツ語圏のFacebookでログイン後の画面はFacebookやフコンタクテと似ています。使い方などもFacebookとほぼ同じでこれといって特筆すべきことはないです。
ただ、FacebookやInstagramでドイツ人を探すぐらいなら使った方がいいし日本人参加者も少ないので、ドイツ語圏が好きなら登録マストでしょう。

このように適切な媒体にポジショニングをとることで、無駄なく優位性の高いところで知り合うことが可能です。
また、対象の国のSNSは何が人気なのかまたその国にローカルSNSはあるのか必ず事前に調査しておきましょう。

そして、1つの国を対象にすることでその国の文化やしきたり、女性の性格の特徴の理解も深まり、知識として蓄積されていくのでコミュニケーションにおける立ち回りも何が正解なのかわかるようになってきます。

もしあなたが今ただ漠然と「外国人女性と出会いたい」と考えているなら対象をしっかりと明確にし、その国の専門店のような存在になれば今よりも出会える可能性が何倍にも上がりますのでこれを機会にぜひ心掛けるようにし
てください。

最後までご覧頂きありがとうございました。




管理人のプロフィール


ルマンド@管理人

1987年生まれ。
大阪で生まれた普通のサラリーマン。
妻は美しいロシア人。

ある日をさかいに外国人に目覚め、
気づけばロシア人と国際結婚。
『ルマンドと時々、ロシア妻』運営

テーマは、ロシア、国際結婚、ブログ、アフィリエイト、投資、為替、株、ビットコイン、不労所得、仕事、恋愛、雑記・・・
などちょっぴりロシア成分が多めのなんでもブログになっております。

詳しいプロフィールはこちら

面白かったらSNSでシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

底辺サラリーマンがロシア美人妻と出会い国際結婚。 あとは投資とブログで不労所得を目指し、札束の風呂に入るだけの人生を掛けた奮闘記。 プロニートに・・・俺はなる!!