【ロシア旅行記】妻の里帰りでエカテリンブルクに2週間滞在してみた【Part2】




こんにちは、底辺サラリーマンが投資とブログで人生一発逆転目指し

ロシア人の妻と不労を目指すルマンド(@lumonde_russian)です。

2018年夏に妻の地元ロシアに会社の有給と盆休みを絡ませながら2週間
ロシアのエカテリンブルクに行って来ました。

▼前回のあらすじ▼

【ロシア旅行記】妻の里帰りでエカテリンブルクに2週間滞在してみた【Part1】

▼ロシア行きの航空券探すなら断然ここ▼

▼ロシア行くなら絶対にレンタルWi-Fiは忘れずに!▼




ロシア エカテリンブルク(コルツォヴォ空港)に到着

エカテリンブルクコルツォヴォ空港外観

コルツォヴォ空港

約1日と5時間の長時間のフライトで消耗しまくったが無事到着!

時刻は、すでに18時!

季節もあるんだろうけど、ロシアって夜9時でも普通に明るい。
上の写真は18時だが、21時になっても上の写真の空の色と変わらない。

空の色見たら時差ボケがさらに加速する。

さて、妻の父親が車で迎えに来てそのまま帰路につく。

ロシア妻の実家の窓から見た景色
妻の家の窓から見た景色。

ロシア人ってこういう集合住宅に住んでるのが一般的らしい。
一戸建ては田舎で買うみたいな。

そして晩御飯として出されたのが・・・

食卓に出てきた牛の舌
牛のタンらしい。

味は、うん、まあ悪くない。

しかし味付けがされておらずキンキンに冷えてやがるっ!
一部シャーベット状になっていてさすがにアレなので、
電子レンジであたためてもらい最終的にロシアで買った醤油をつける
という道場破りな食べ方をした。

でもロシア人としての食べ方は出されたままの状態だと思う。
妻もそのように食べていたので。

そして初日は疲れていたので即就寝。

謎の発疹が出来てロシアの病院に行く

翌朝ふと体の異変に気付く。

実はロシアに渡航する数ヶ月前から謎の発疹に悩まされていたのだが
それが起こる時は、毎回チョコレートやケーキなどを食べた時に出ていたことが多かったし
小さい頃から軽いアレルギー反応が出たことがあったので
チョコレートアレルギーかな?
ってすっとぼけててあまり気にしなかった。

しかしロシアに着いたぐらいから今まで症状が出なかった顔面から赤い発疹が出て来た。
なんだこれは・・・といよいよ焦り始める。(おそい)

流石に顔はあかん。ブラマヨのブツブツみたいになりたくない。
そして指にもポツポツでき始める。うわああああああ

人差し指に謎の発疹がでるルマンド
こういう赤い発疹から化膿して汁が出てくる奴が体にもポツポツでき始める。

何かにパンデミックされたのかな?アレルギー?
不安と焦りが脳内を駆け巡る。

そしてこの日予定していた観光はお預けで病院へ向かうことになる。(笑)

病院の前
家から徒歩3分ぐらいで病院に到着。

ロシアの病院は日本の病院とちょっと違う。

病院の入り口に入る前に必ずガチャポンをしなくちゃいけない。
それがこれ↓

病院の入り口にある謎のガチャポン
決して当たりが出たりスーパーレアが出たりするガチャポンじゃない。

靴に袋をかぶせるルマンド
靴に袋をかぶせないとドロドロで不衛生でしょ?ってこと。

なるほど、なんか既視感あるけど日本でこれが使われる状況って少ない気がする。
ロシアはどの病院・歯医者に行っても入口に設置してある。

当然、私はそんなこと知らずそのまま通過しようとしたら
職員に連行されそうになった。

そしていざ、診察室へ。

診察室に入るとそこにはすごくエロそうな女医がいたのである。

叶姉妹の姉のような風貌で白衣の第二ボタンをあえて外して
谷間をアピールしてる。

そして助手のような人がどこにでもいるようなおばちゃん。
えっ、逆じゃね?

医学を志すものがこんなにエロいルックスをしているはずがない。
これは何かのドッキリだ。

そう思い、私は周囲にビデオカメラがないか見渡す。

そして女医から指示を受ける。

パンツ一丁になって診察を受けるルマンド

女医「おい、パンツ一丁になって私の前に立て、豚野郎。」

ルマンド「はい、こうですか?」

真剣な表情で、側にいる妻にロシア語で私の症状を伝えているようだ。

女医から全身を舐め回すようにチェックされるルマンド

女医「おい、小僧。ケツ出せ」

ルマンド「う、うしろは勘弁してくだs・・・ああっ!」

全身を舐め回すようにチェックされるルマンド2

女医「こいつきったねぇ肌してやがるぜ」

ルマンド「(・・・・ビクンビクンッ)」

真剣な表情で突然電話をし始める女医
そして何やら電話しはじめる。何これ怖い。

しかしまあこうやってふざけてはいるが、
異国の地で他人の前でパンツ一丁になるのってまあまあ恥ずかしい。
この日のパンツが、「Bomb!!」とか書いてる爆弾柄のパンツじゃなかった事を神に感謝した。




そして診断結果は・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

寄生虫!!!

うわああああああ

しかし、この診断結果は私の症状などを見て出た結果なので、
まだ焦るような時間ではない。

とりあえず私に与えられたミッションは、こうだ。

  • このあと別室で採血をしろ
  • 家に帰ってから3日間連続ウンコの破片を採取してそれを病院にもってこい
  • ケツに注射してこい

初日から様々なミッションを課せられすっかり
Youは何しにロシアへ?状態になる。

しかし、私達の旅はまだ始まったばかり。

採血後のルマンド

そしてこの日は採血をして家に帰り、翌日驚きの結果が出る・・・!!

続く・・・

▼ロシア行きの航空券探すなら断然ここ▼

▼ロシア行くなら絶対にレンタルWi-Fiは忘れずに!▼




管理人のプロフィール


ルマンド@管理人

1987年生まれ。
大阪で生まれた普通のサラリーマン。
妻は美しいロシア人。

ある日をさかいに外国人に目覚め、
気づけばロシア人と国際結婚。
『ルマンドと時々、ロシア妻』運営

テーマは、ロシア、国際結婚、ブログ、アフィリエイト、投資、為替、株、ビットコイン、不労所得、仕事、恋愛、雑記・・・
などちょっぴりロシア成分が多めのなんでもブログになっております。

詳しいプロフィールはこちら

面白かったらSNSでシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

底辺サラリーマンがロシア美人妻と出会い国際結婚。 あとは投資とブログで不労所得を目指し、札束の風呂に入るだけの人生を掛けた奮闘記。 プロニートに・・・俺はなる!!